カーライフサポート

人
点検、洗車などのカーライフサポートもおまかせください。

Q&A

q1エンジンがかからない場合

A1

バッテリーあがりの場合
下記のような症状が見られると、バッテリーあがりが考えられます。
 ・スターターが回らない
 ・スターターが回っても回転が弱く、エンジンがかからない
 ・ヘッドランプがいつもより暗い
 ・ホーンの音が小さい、または鳴らない
 ・電子カードキーでドアが解除しない
他車のバッテリをケーブルでつなぎ、一時的に電気をわけてもらうか
バッテリーの交換をしてください。
+端子と+端子、-端子と-端子を接続してください。

q2電子カードキーが使用できない場合

A2

電池の消耗などにより、電子カードキーが使用できない場合は、一時的な対処として電子カードキー、またはエマージェンシーキーを使用してドアの施錠、解錠、およびエンジンをかけることができます。

q3ハンドルがロックしている場合

A3

エンジンの始動操作をしたときに、キーが回らない、又はエンジンスイッチの表示灯が緑色に高速点滅したときはハンドルロックが解除されていないため、エンジンの始動ができません。
ハンドルを左右に動かしながら、右ロックと左ロックの中間位置ねらいでもう一度エンジンの始動操作をしてください。

q4燃料カットシステムが作動した場合

A4

外部から強い衝撃を受けてエンジンが止まってしまった場合、燃料カットシステムが作動している可能性があります。
燃料カットシステムはエンジンへの燃料の供給を停止させることにより、火災などの二次災害を防止する装置です。
 「エンジンを再始動するには」
 エンジンを再始動する際には、エンジンスイッチを「OFF」または「ACC」に
 戻してから行ってください。
※燃料漏れのおそれがあるとき、また燃料の匂いがするときはエンジンを始動せずにお近くのダイハツサービス工場にご連絡ください。

q5キーを閉じ込めたとき

A5

キーを閉じ込めてしまったときは、JAFなどを呼んでください。

q6キーをなくした場合

A6

保管していた電子キーとキーナンバープレートを最寄りのダイハツサービス工場にお持ちください。
※本人確認のため、免許証等が必要になります。

q7スタック(立ち往生)した場合

A7

ぬかるみや砂地、深雪路などでタイヤが空転したり、埋まり込んでうごけなくなったりしたときは下記の手順にしたがって脱出操作をしてください。
 1)駐車ブレーキをかけ、シフトレバーをPレンジにいれ、エンジンを停止する
 2)タイヤ前後の土や雪などを取り除く
 3)スリップしているタイヤの下に、石や木などをあてがい滑り止めにする
 4)エンジンを始動する
 5)シフトレバーをDまたはRレンジにいれ、注意しながら、アクセルペダルを軽く踏む

q8 エンストした場合

A8

シフトレバーはNレンジにいれ、安全な場所まで移動してください。
付近に人がいる場合は、押してもらってください。

q9 困ったときの対処法動画はこちらから

困ったときの対処法動画
お問い合わせ

あらかじめ、下記の事項を確認ください。

(1)車名および型式、登録番号

(2)ご購入年月日

(3)走行距離

(4)お客様のご住所、お名前、電話番号

新車をお探しの方へ 新車情報
安心の品質・保証が充実 中古車情報
カーライフサポート
カタログ請求
当ホームページ内 キーワード検索

お探しの情報がみつからなくて、お困りですか?
キーワードを入力し、検索をしてみてください。